浮気する人はする、しない人はしない

1度浮気した人はまた浮気します。浮気しない人は何も言わなくても浮気しません。これは持って生まれた性格の違いなのです。女が浮気するのは珍しいとか男だから浮気しても仕方がないとかそういうことも変ですよね。

わたしは浮気された経験があります。その人とは何度目かの浮気に我慢できなくなって大げんかの末別れました。別れて正解だとわたしたちを知る友人知人は口を揃えます。浮気したことを反省したとしても性懲りもなくまた浮気する人はそういう性格なんです。だからその人を浮気しない人に変えようと思っても無理なんですね・・・。自分の性格を変えるのもままならないのに他人の性格なんて絶対に変えられませんから。

浮気しない男の人もいますよ。全ての男の人がいつか浮気をするなんてわたしはそんな風には思いません。それこそ偏見ですし差別でしょう。女の人でもひとりの相手じゃ物足りないという人はいてそういう人はトラブルメーカーになります。飽き性の女の人も恋人を次から次へと変えて付き合いが長く続かないですよね・・・。

だから浮気する人は何度でも性懲りもなく浮気するし、浮気しない人は浮気してもいいよと言われてもしないのです。自分に自信が無いんじゃなくひとりの女性を大事にするから他に女性を求める必要が無い。そういう人と結婚すれば浮気の心配なく平和に暮らせるのでしょう。

わたしの周りの既婚者はいつも旦那の浮気を心配しています。単身赴任で月に1度帰ってくる旦那を信頼できないと悩む友人は更年期のまっただ中でいつも眉間にしわを寄せています。浮気されているかもしれないという不安が彼女の体調を悪くしているのです。思い込まない方がいいよ・・・とという周りのアドバイスなんて耳に入っていません。

わたしがむかし付き合っていた人とは遠距離で、付き合って1年目に浮気されたので恋愛とか結婚に興味がなくなり独身を貫いています。現代は晩婚が珍しくないし一生独身の人も少なくありませんから。